出会い

誰でもいいから彼女欲しいなら1秒でも早く知るべき核心

 

もう誰でもいいから彼女が欲しい...

一度も彼女ができないのは寂しすぎる...

僕も彼女のいる生活を経験してみたいよ...

 

男なら誰もが一度は彼女がいる生活を経験したいもの。

 

彼女とは一体どんな存在であり、どんなふうに自分を幸せにしてくれるのか。

 

女性と付き合ったことがない男ならば、誰もが一度は憧れたことのあるじゃろう。

 

しかし、今まで人生を歩んできて分かっている通り、彼女とは誰でも当たり前にできる存在ではない。

 

何もせずにいると、自分の好きな人はおろか、誰も彼女になってくれないという始末。

 

「誰でもいい」と極限まで割り切ってハードルを下げても、なかなか彼女はできない。

 

そう。

彼女を作るのは想像以上に簡単ではないのだ。

 

恋神様
恋神様
彼女ができないことは、我々男にとって想像以上に辛いことじゃな。

男である限り、一度は女性と付き合ってみたいもの。

じゃが、なかなか運命が変わる瞬間はやってきてくれない。

しかし、まだ諦めたくはないはずじゃ。

まだまだ先の人生は長い。

ここらで本気を出して、いっちょ人生を変えてみるとするかの。

 

1日でも早く彼女がいる幸せを手に入れるには

 

彼女ができない状態は、放っておくと死ぬまで永遠に続いてしまう。

 


何をしても彼女ができない現状を、なんとしても打破することがお主にとって一番重要な課題なのじゃ。

 

彼女が欲しいのにできない状態が続くと、

 

「誰でもいいから彼女が欲しい!」

 

と、相手のレベルを下げることを考えがち。

 

しかし、彼女を作るために本当に必要なのは、彼女にする女性のハードルを下げることではない。

 

どんな美人で優しい女性でも、どんなブサイクで性格の悪い女性でも、

彼氏にしたい男の理想は例外なく、「カッコよくて優しい男」なのじゃ。

 

女性のレベルを下げる=求められる男のレベルも下がる。というわけではない。

 

「女性のレベルを下げれば、自分にも彼女ができる」と思い込んでしまうと、なかなか彼女はできないのじゃ。

 

美人な女性でも、「男は見た目じゃなく、内面の優しさで選びたい」と考えている人もいる。

 

ブサイクな女性でも「絶対に高身長のイケメンと付き合いたい」と考えている人もいる。

 

どんな女性でも、より上のランクの男性を求めている。

 

誰もがより優れた男性と付き合いたいと思っているのじゃ。

 

つまり、彼女ができる自分になる為にやることはたった1つに絞られる。

 

狙いを定める女性のレベルを下げるのではない。

 

自分自身のレベルを上げるという発想が必要なのじゃ。

 


自分を徹底的レベルアップすることが、彼女を作る為の唯一の道である。

 

恋愛はお主が想像しているよりも、複雑ではない。

 

むしろシンプルにできている世界。

 

シンプルだからこそ、恐れずに、言い訳せずに、やらない理由を探さずに、

勇気を出して自分を磨き続け、女性にアプローチし続けた男に彼女ができるのじゃ。

 

 

「誰でもいい」という状態では彼女ができない真の理由

 

女性に対する自分のストライクゾーンを、美人の女性からブサイクな女性まで広げる。

 

こうすれば、恋人対象となる女性の数が一気に増える為、彼女ができやすくなる。

...というのは、多くの男が間違えている考え方である。

 

これでは彼女作りは上手くいくはずもない明確な理由が存在するのじゃ。

 

範囲を大きく広げ、多くの女性を狙う。

 

これは、1匹の繊細な小魚をクジラ捕獲用の大網で狙うようなもの。

 

確かに広範囲を大量に狙うことができるが、そんなにガバガバの粗い網目では、小魚など取れるはずもない。


女性も、魚も、

そのひとつひとつが、性格も、行動も、全く違うのじゃ。

 

魚ごとにベストな釣り方は違う。

 

罠を仕掛けてとる魚もいれば、1本釣りで釣り上げる魚もいる。

 

光で誘いながら網で捕まえる魚もいる。

 

魚を釣り上げたいなら、魚ひとつひとつの習性を徹底的に研究して理解し、ベストな釣り方で挑む必要がある。

 

女性も同じ。

ひとりひとりが性格も、価値観も、考え方も、全てが違う。

 

男性の好みも違えば、理想とする恋愛のシュチュエーションも違うじゃろう。

 

女性の心はひとりひとり違い、繊細で奥深いもの。

 

1人1人としっかり向き合わなければ、誰の心も捉えることはできない。

 

「誰でもいい」といってはいるものの、恋愛するならやっぱり、自分が心から可愛いと思える女性と付き合いたいものじゃ。

 

恋愛とは、

地球上にいる「誰か」から、たった1人を見つけること。

 

「誰でもいい」「この人が良い」に変わった瞬間から、恋愛はスタートするのじゃ。

 

 

最速で彼女を作るため、いまこの瞬間にできること

 

早い話、なんでもいい。

どうでもいいから彼女欲しい。

 

という願いを持った男も、世の中には多いじゃろう。

 

焦るのは良くない...

と言いたいところじゃが、こういう心の底から来る願いは超速で叶えたいもの。

 

できるだけ早く叶えて幸せを手にするべきじゃ。

 

最速で彼女を作る方法があるとすれば、それはこの世で1つしか存在しない。

 

それは、男としてやるべきことを速でやることに他ならないのじゃ。

 

例えば、彼女を作るには、自分自身を磨き、女性に慣れることが重要である。

 

ファッションが分からなくても勉強して研究し、自分の見た目を磨かなければならない。

 

女性と話すのが怖くても、話題を考えてコミュニケーションをとり、距離を縮めなければならない。

 

しかし、人間とは無意識に未知の領域を恐れ、挑みたがらないもの。

 

無意識にやらない理由を探し、上手くいかない原因を周りのせいにしてしまう。

 

自分自身の甘さから目を逸らしてしまうのじゃ。

 

それは仕方のないことであり、悪いことではない。

 

誰でも初めてのことは怖いし、失敗して恥をかくのは嫌なものじゃ。

 

じゃが、彼女が欲しいなら、自分が求めるものを最速で手に入れたいなら

1秒でも早く勇気を出し、動き始めることが大切なのじゃ。

 

この世界は無情にも、時間が過ぎるのがとても早い。

 

やらない間に、1ヶ月、半年、1年というのはあっという間に過ぎ去ってしまう。

 

気が付いたら自分の年齢もあっという間に増えているものじゃ。

 

だからこそ大切なのは、1秒でも早く動き始めるという意識。

 

残念ながら、何もせず黙って待っていても、女性から彼女になってくれることはない。

 

それでも、時間は無情にも早々と過ぎ去っていく。

 

少しでも早く彼女が欲しいなら、1秒でも早く自分自身の何かを変えるしかない。

 

今から行動を始めるという意識こそが最速で彼女を作るためのキーポイントになるのじゃ。

 

 

早い話、どうしたら恋愛ができるか。

 

いま、彼女ができない。

 

それなら、自分自身の能力を磨き、女性に魅力的だと思われなければならない。

 

例えば、いま頭の中に、お主の知っている女性を1人思い浮かべてみよ。

できれば、綺麗で美人で可愛い魅力的な女性がいいの。

 

...

...

...

 

そうしたら、その女性がどこかの男性と楽しそうに過ごしているイメージを想像するのじゃ。

 

...

...

...

 

そうしたら、イメージしたどこかの男性を自分自身に置き換えてみるのじゃ。

 

...

...

...

 

どうじゃろうか。

 


最初にイメージしたのどこかの男性と、次にイメージした自分自身の差。

 

それが今、彼女ができない原因の全てである。

 

最初のどこかの男性のイメージと、自分自身の差を埋める為に、現実のお主に何が必要かを1つ1つ考えていく。

 

できることを何でもやって、男女の釣り合いが取れる状態にするのじゃ。

 

  • 服を変えればいいのか。

  • 眉毛を剃ればいいのか。

  • 髪型を変えて、セットを変えればいいのか。

  • 痩せればいいのか。

  • 筋肉をつければいいのか。

  • 肌を綺麗にしたらいいのか。

  • 言葉遣いを丁寧にしたらいいのか。

  • もしくはワイルドにしたらいいのか。


お主の研究次第でここにない工夫も思いつくかもしれぬ。


とにかく、この現実世界で可能なことはなんでもやる。

 

いつも服を買う店で服を買うのをやめ、もっとオシャレな服屋で服を買う。

 

剃刀と毛抜きを買い、失敗しない眉毛の整え方を調べて、眉毛の形を細くしてみる。

 

美容室へ行き、イメージした髪型をオーダーする。

 

髪型をセットするために、どんなワックスやスプレーを使ったら良いのかを調べてみる。

 

そして分かりきっていることじゃが、これがとてつもなく超面倒臭い。

 

とくに慣れないうちは、一つ何かやろうとするたびに不安になるし、勇気が出ずに結局やめてしまうこともある。

 

しかし覚えておいて欲しい。

この世の華やかで美しいものほど、見えないところで必ず、泥臭く面倒で地道な努力を積んでいることを。

 

お主が寝る前ボーッとスマホを眺めている間に、女性にモテる男は顔に化粧水を付け、クリームで保湿し、肌の調子を整えている。

 

自分に何が似合うのかを考え、どうしたらもっと自分を磨き上げられるかを考えているのじゃ。

 

これらの行動は、慣れないうちはとんでもなく面倒臭い。


しかし、普通に彼女ができる男は、ほぼ全員がこの面倒臭さを突破し、慣れることができている。

 

逆に言えば、面倒臭くても勇気が出なくても、最初に突破して慣れてしまえば、彼女ができるということじゃ。

 

実践して初めて分かるものじゃが、これらをやり始め、ある程度極めることができれば、どんなにブサイクな男でもハンパなくカッコよくなる。

 

彼女ができなかった時代のお主とは、間違いなく別人のようにかわるのじゃ。

 

ここまでやれば、そりゃ周りの女性からの反応も変わってくる。

 

面倒を超え、己を磨くうちに、自然と自分に対しても自信がつき、女性との会話も難なくこなせるようになる。

 

面倒と怖さを超えて、自分を磨き、自分を別人へと変えていく。

 

これが、お主が超えるべき壁じゃ。

 

自分ができる限りの中途半端ではなく、徹底的に考え抜いて自分を磨くことで、今までのお主を捨て去るのじゃ。

 

1日でも早く彼女が欲しいなら、1日でも早く自分を変えるために、今この瞬間から考えて行動を始められるかにかかっておる。

 

 

妥協した恋愛の先にあるものとは。

 

「寂しさを埋めたい」

 

そんな理由で、手軽に付き合えそうな、か弱い心を持った女性に的を絞り、交際を始めてしまう男も世の中にはいる。

 

そんな恋愛の結末には、一体何が待っているのか。

 

この世界中で今日始まった恋愛にも

 

地球が始まってから生まれた全ての恋愛にも

 

全ての恋愛には必ず、終わりというものがやってくる。

 

1ヶ月で終わった電撃カップルにも

 

70年連れ添った老夫婦にも

 

例外なく全ての恋愛には終わりがやってくる。

 

その終わりを想像したとき、

 

「このと付き合って良かった」

 

と心から思うことができるか。

 

それとも、

 

「やっぱりダメだったな…」

 

と思うのか。

 

ワシは付き合う前に「やっぱりダメだったか…」となることが分かっている恋愛は、絶対にするべきではないと勧めておる。

 

将来的に悲しく、虚しくなることが分かっている恋愛は、心から楽しめるもはない。

 

必ず最後に自分が苦しみ、傷つくことが分かっているからじゃ。

 

重要な選択をするときに、妥協して適当に選んでしまった結果、

数年後に大きく後悔し、その後の人生にずっと引きずっている苦しい思い出が、誰しも1つや2つはあるはずじゃ。

 

恋愛でもその現象は起こってしまう。

 

人の心が深く関わる恋愛だからこそ、その後悔は他の物事よりも、さらに深い傷を自分に残すことになるのじゃ。

 

妥協して適当に選んでしまうと、「妥協して適当に選んだ」という情けない過去と「女性を傷つけた」という罪悪感は心の中に永遠に残ってしまう。

 

妥協して始めた中身のない恋は、必ず一瞬で気持ちが冷める。

 

「彼女ができて幸せ」という気持ちは、3ヶ月も経てば「彼女がいるから苦痛」という気持ちに変わる。

 

付き合ってみたはいいが、心の底にある罪悪感から別れを切り出せずに、1ヶ月、また1ヶ月と、あっという間に時間が過ぎ去ってしまう。

 

妥協から始まった恋愛でから、最後まで幸せになれた奴をワシは見たことがない。

 

妥協して恋を始めて、彼女ができて幸せなはずなのに、目の奥が暗いやつ、心が冷めているやつ、つまらなさそうなやつをワシは嫌というほど見てきた。

 

誰の人生でも、かけがえのない宝物じゃ。

 

その人生の最高のパートナーが、誰でもいいなんてありえない。

 

例え1ヶ月で終わったとしても、「この人を選んで良かった」と心から思える女性と恋愛はお主の人生を明るく彩る最高の思い出となる。

 

 

恋神様
恋神様
心から好きだと思えない女性と恋愛を始めるべきではない。

一瞬の快楽に浸れたとしても、それは長くは続かないものじゃ。

焦りから生まれる出来心に負けると、必ず後悔が待っている。

出来心に負けず、自分が心から信じられる道を、素直に進みたいものじゃの。

 

それではここで今回の格言をまとめていこうかの。

 

 

 

 

恋神様
恋神様
いつも読んでくれてありがとう。

ちょっと心が強くなる恋愛話。

いろいろ悩む前に心に入れておくと良いぞ。↓↓↓

 

 

 

 

 

ブログランキングリンク

下のボタンはあまり触らないで下さい。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

-出会い

© 2021 絶対最強恋愛計画