コラム

一生彼女いらない自由と彼女のいる幸せ。勝つのはどっち?

 

僕は一生彼女いらないなー。

なんでみんな彼女をほしがるんだろう?

家庭を持たずに生涯一人でいるのは悪いことなの?

 

なぜ人は、わざわざ彼女を欲しがるのか。

 

彼女を作ればメリットもあるが、デメリットも多い。

 

自由な時間はなくなるし、デート代でお金もなくなる。

 

自由に生きていきたい者には、彼女などデメリットしかないじゃろう。

 

それなのに、彼女が欲しいと願っている男は沢山いる。

 

  • 彼らは何を思い。何を考え。何を感じて彼女を欲しがっているのか。

  • 彼女を作らず、家庭を持たずに生きていくことはダメなのか。

 

その疑問に、ワシが誰もが納得できる答えを与えていこう。

 

この問題の答えを知っておくことは、今後の人生の迷いをなくし、どんな人生を歩んでも楽な気持ちで生きていけるじゃろう。

 

人が猛烈に彼女を欲しがる理由とは。

 

恋神様
恋神様
男とは、一体なぜ彼女が欲しいと思うのか。

彼女がいるデメリットはいくらでもある。

だからあえてここで紹介することはない。

彼女がいる全てのをメリット知ることで、他の男がなぜ彼女を欲しがるのかが、理解できるはずじゃぞ。

 

メリット1.どんなときも一人じゃない。

 

一人でも、鋼鉄のメンタルを持っていれば、

 

  • オシャレな店に入って食事をしたり、

  • 遊園地に遊びに行ったり、

  • スポーツやレジャーを楽しむ

 

鋼鉄のメンタルを持っていれば、一人でもいろいろなことができる。

 

しかし世の中には、お豆腐のようなメンタルしか持ち合わせていない者もいる。

 

気の合う誰かと二人で行きたい...

 

一人では絶対に楽しめない...

 

と思うこともある。

 

彼女という存在は、友達とは違う。

 

彼女とは、自分だけの特別なパートナーである。

 

友達とは、とても気楽な存在じゃ。

 

楽しい時だけ一緒にいれば良いし、一緒にいるのが苦痛なら、約束をしなければいい。

 

その代わり、自分が困っていても、適当な理由をつけて助けてくれない友人もいるじゃろう。

 

楽しいだけの時は良いが、いざというときに頼りにならない友人もいる。

 

友人とは気楽なものじゃが、ある意味とても軽い存在でもあるのじゃ。

 

しかし、彼女の場合は話は違う。

 

楽しいときも、辛いときも、いつも一緒にいようと約束を交わすのが彼女。
(もしくは、男でも彼氏がいる場合もあるじゃろう。)

 

  • 風邪をひいたとき。

  • 一人が寂しいとき。

  • 楽しみが少ないとき。

 

一番に頼れ、幸せな気持ちにしてくれるのは、やっぱり彼女なのだ。

 

一人とは、とても自由なものであり、気楽であり、身軽である。

 

しかし、その軽さと自由さが、寂しさに繋がってしまう場合もあるのじゃ。

 

どんなことも一人で解決してしまう強靭な者には、彼女など必要ないかもしれん。

 

しかし世の中は、お主らのように強い人間ばかりじゃない。

 

  • 辛いときは誰かに助けて欲しい。

  • 一人では外食ができない。

  • 常に会話の相手が欲しい。

  • 信じられる人、好きな人と一緒にいたい。

 

常に誰かと一緒にいたい。

 

一人では不安という者もいるのじゃ。

 

恋神様
恋神様
一人ではどうしようもないとき。

一人でいたくないとき。

どんなときでも一番に頼れる、助け合える。

彼女とは、そういう存在なのだ。

 

 

メリット2.性欲が満たせる。

 

孤独を愛するもにとって、最強にして最大の敵とは、やはり性欲ではないだろうか。

 

ふとした瞬間、なんの前触れもなく、ムラムラっと現れる。

 

一人でもなんとか対処することはできるが、どんなに孤独を愛する人間でも、できれば二人で対処したいものじゃろう。

 

しかるべき料金を支払えば、物理的に二人で対処することはできる。

 

生涯孤独を誓っていても、一時的に二人で対処することはできるのじゃ。

 

しかるべき料金を払えば。

 

しかし、それもなんか違うじゃろう。

 

もしかしたら、料金を払わなくても、性欲を解消するだけの関係になってくれる女性もいるかもしれん。

 

しかし、心のどこかで複雑な違和感を感じてしまうじゃろう。

 

どんなに高額な料金を支払っても、どれだけ割り切った約束をしても、この世には、どうしても手に入らないものがある。

 

それが、人の心である。

 

それを一番に感じるのは、この性欲がきっかけかもしれん。

 

人間の三大欲求のなかで、一人では完全に対処できないのが性欲じゃ。

 

人間の根本にある欲求は、やっぱり強い。

 

彼女いらない」という考えに対する最大の敵は、世間体でも、将来への不安でもない。

 

自分自身が持っている性欲なのじゃ。

 

 

メリット3.将来家庭を持つことを考えられる。

 

一人で生きていこうと考えるとき、どうしてもつきまとう将来への不安。

 

  • 万が一の病気やケガ。

  • 介護が必要になった場合の暮らし。

  • 自分の子孫の繁栄。

  • 底のない孤独への不安。

 

などなど、一人で生きていくことは自由で楽しいものじゃが、家族がいないことのデメリットは沢山ある。

 

家庭の維持は大変なお金と時間と苦労がかかる。

 

それを一人で使えたなら、沢山の自由と楽しみが得られるじゃろう。

 

しかし、お金と時間と苦労をかけた分、家族から得られるものも大きい。

 

人は絶対に一人では生きていけない。

 

今見ているスマホも、パソコンも、今日食べた全ての食べ物も、今立っている地面も、

 

全て自分以外の誰かが作ってくれた物じゃ。

 

人の力や技術はお金で買えるが、心はお金を出しても買えない。

 

一人では生きていけない人間にとって、家庭を築くことは、人生で一番信じられる心を自分のそばに置くことなのじゃ。

 

 

人生で守るルールは2つだけである。

 

人生は、誰がなんと言おうが自由に生きれば良い。

 

ただ当然、何をしても許されるというわけではない。

 

人生で守るべきルールはたった2つ。

 

  1. 他人に迷惑をかけないこと。

  2. 迷惑をかけたら謝ること。

 

恋神様
恋神様
自分が人にやられて悲しいことを、人にしない。

自分が人にやられて嬉しいことを、人にする。

ただ、わざとでなくても、ちょっとした失敗で人に迷惑をかけてしまうこともある。

そんなときは謝れば良い。

こんなシンプルなルールを守れば、誰もが自分の人生を気持ちよく生きることができるぞ。

 

俺の人生は俺が決める。

 

誰にも迷惑はかけねぇ。

 

これ以上の生き方は世の中に存在しない。

 

一人であることを楽しみ、自由を楽しむ。

 

これのひとつの生き方である。

 

じゃが、家族を作り、一人では作れない賑やかさと楽しさを作って生きていくのも面白いものじゃ。

 

最愛の妻と、自分自身の遺伝子を継いだ子供がいるということは、最高の喜びになる。

 

これもひとつの生き方である。

 

人生とは、世の中とは、

 

何かすれば、何か得られる。

何もしなければ、何も得られない。

 

常にシンプルな等価交換の世界じゃ。

 

働けば、お金がもらえる。

 

お金を払えば、自分の好きな物が貰える。

 

真面目に勉強すれば、成績は上がる。

 

勉強しなければ、進路に困る。

 

時間をかければ上達するし、良いものができる。

 

何かを諦めれば、また別のことに時間を使える。

 

何かを犠牲にすれば、何かが得られるのが世の中。

 

その無限の選択肢の中で、何を犠牲にして、何を得れば、自分なりの幸せが手に入るのか。

 

それは、それぞれの人の性格や、価値観によって異なるものじゃ。

 

恋神様
恋神様
この世には、孤独が得意で楽しめる人間もいれば、一人の時間は寂しくて耐えられないという者もいる。

子供が好きな者もいれば、嫌いな者もいる。

セックスが好きで仕方がない者もいれば、必要最低限の性欲解消で十分という者もいる。

ここでわしが最も伝えたいことは、自分の生き方は、誰に何と言われようが、自分の思うまま貫くのが大事ということじゃ。

 

お主が孤独と自由を取るか、家庭の暖かさと安心をを取るか。

 

どう生きれば幸せになれるかは、お主の親でもなく、兄弟でもなく、友達でもなく、上司でもない。

 

自分を一番理解できるのはいつだって自分である。

 

人生はどう生きてもいい。

 

途中で生き方を変えたっていい。

 

正解などない。決まりごとなどない。全ては自由。

 

ただ、間違いなく、最も避けなければならないことがある。

 

それは、他人の言動で心を不安にし、心を暗くすることだ。

 

  • 誰かに何かを言われて、1日中悲しい気持ちになる...

  • 1週間以上心が落ち込む...

  • 1ヶ月以上、頭から悩みごとが離れない...

 

それは、お主の貴重な人生が、誰かに攻撃され、奪われているということ。

 

それは、非常にもったいない。

 

他人が何をしてくるか、それは決してコントロールできない問題じゃ。

 

だが、親、兄弟、上司、友達、見ず知らずの誰かに何を言われようが、心の中だけは常に自分だけの安心、楽しさ、幸せを持っていなければならない。

 

自分の幸せ繋がることだけに頑張れ。

 

他人から与えられる不幸の為に、お主の心、身体、頭、時間は、1ミリも頑張ってはいけないのだ。

 

 

 

彼女が欲しくなったとき、彼女を作る力を持っているかどうか。

 

彼女を作れるけど、一人がいいから一人で生きる。

のと、

彼女を作れないから仕方なく一人で生きる。

 

この二者は、同じような生き方をしていても、全く別物じゃ。

 

自分自身の心の余裕も、周囲の目も、人生全体の楽しさも全く違う。

 

どれだけ孤独と自由を求めていても、ふとした瞬間に彼女が欲しくなることは必ずある。

 

  • 体調を崩した時。

  • 友達と予定が合わない時。

  • 一人でご飯を食べている時。

  • なんとなく暇な時。

  • めちゃくちゃ楽しそうなカップルを見た時。

  • 性欲が高まった時。

 

そのときに、自分に彼女を作る自信と力があるかどうか。

 

これは、人生を生きる上で、心の余裕に直結する重要な問題じゃ。

 

女性との関わりを持ちたいと思った時に、

 

  • 女性の知り合いを作る技術と余裕がある。

  • 然るべき料金を払わなければ、全く女性と関われない。

 

料金を払わなければ女性と関われない人生は、想像しただけでも悲しいじゃろう。

 

一人で生きていくにも、「俺ならいつでも彼女を作れる」という選択肢と余裕はいつも持っておきたいものじゃ。

 

お主も分かっておるとおり、彼女を作ることは、なかなかに難しい。

 

やっぱり彼女を作って、二人で幸せになれる理想の彼女を作って幸せになりたい。

 

そう思う時、信じられるのは、自分自身の力と心の余裕しかない。

 

お主の力は、独身でも、一人でも、どんな時でも、磨くことができるし、強くなれる。

 

一人で生きていくにも、彼女を作って二人で生きていくにも、磨いてきた自分自身の力だけは、絶対に無駄にはならないものじゃ。

 

服装を磨き、髪型を整え、心も身体もバッチリ磨いておけば、お主はどこからどう見てもカッコいい。

 

一人で強く生きていくにも、二人になって誰かを幸せにするときも、その自信は、いつもお主を助けてくれる。

 

お主がどれだけ自分の容姿に自信がなくても、この世の全てのものは、手をかけて磨けば、手をかけて磨いただけ、それなりに光るものじゃ。

 

ひとつだけ確かなことは、磨かないものは、絶対に光らないということ。

 

恋神様
恋神様
1億円の宝石の原石も、土に埋まっている間は、ただの石ころじゃ。

普通の石ころも、山の中でただ埋まっている石は、不格好なもの。

しかし、流れのある川の中の石は、角も取れ、綺麗な形をしておる。

自分磨きに期限はないが、自分磨きには時間がかかるのじゃ。

 

余裕のない人生はしんどい。

 

どんな生き方を選んでも、自分を磨き、余裕のあるカッコいい人生を生きていたいものじゃ。

 

 

こちらもCHECK

自分磨きで彼女が 欲しい。磨けば光る。それが君だ。

彼女が欲しいなら自分磨き。…っていうけどさ。じゃあ具体的に 何をすれば男はカッコよくなれるの??   いろいろな場所で良く聞く ”自分磨き” というキーワード。   口で言うのは簡単じゃが、とても分か ...

続きを見る

 

恋神様
恋神様
今回もワシの話を聞いてくれてありがとう。

自分に自信もって生きていける心の支えになれば幸いじゃよ。

ここで今回のまとめをしていこうかの

 

 

 

 

恋神様
恋神様
いつも読んでくれてありがとう。

ちょっと心が強くなる恋愛話。

いろいろ悩む前に心に入れておくと良いぞ。↓↓↓

 

 

 

 

 

ブログランキング勝負中!

ポチッと押すなよ?!3つとも絶対押すなよ?!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

-コラム

© 2021 絶対最強恋愛計画