女性慣れ

女性と話すのが苦手!怖い!不安がスッとなくなる必勝方法。

 

女の人と話すのが怖い...

緊張して上手く話せないし、嫌だと思われてないか不安で仕方がないよ...

どうすれば怖がらずに楽しく女性と話せるようになれるの??

 

相手が男なら難なく話せる...

 

しかし、目の前の相手が女性になっただけで、緊張し、話題も出てこず、喋り方もぎこちなくなってしまう...

 

このままじゃ女の人と付き合える訳がない...

将来女性と無縁な人生を送るのは嫌だよ...

幸せになりたい...

 

女性への恐怖心や苦手意識があっても、女性とは仲良くしたい。



他の男は楽しく女性と遊んだり、いろんなことを楽しんだりしておるのに、自分はそれができない...



女性と上手く話せないというのは、男にとって重大な悩みじゃ。

 

恋神様
恋神様
しかし、そんな悩みはワシにかかれば、誰でも楽勝で超えていける問題じゃ。

お主も必ず、自然に女性と接するこのができる男になれる。


これまで長年払拭することができなかった、女性への恐怖心や苦手意識をなくす為の重要な答えをここで教えよう。

 

女性は未知の生物でも
強敵でもない。
自分と同じ「人間」だ。

 

男が相手なら結構話せるのに、女性相手だと凄く緊張する...

 

男だとなんでもないのに、女になるとまるでダメ。

 

そんなお主が普段会話するとき、頭の中はこんな感じになっていないだろうか...

 

目の前に女性がいると認識した瞬間に、なにかのスイッチが入ったように緊張していないだろうか。

 

女だ...

女だ...

女だ...

 

頭の片隅に「女」という意識が蔓延してしまっていないだろうか。

 

女性との会話が苦手な男は、頭も体も全力の戦闘態勢に身構えてしまっておる。

 

まるで大勢の前で発表する前のような緊張感を感じてしまうのじゃ。

 

これではリラックスした自然で楽しい会話などできるはずもない。

 

恋神様
恋神様
しかし、男が相手のときはなんてことはない。

緊張とは無縁のリラックスした状態で、他愛もない話題でベラベラと話すことができるじゃろう。

 

今お主らが苦手としている女性と話すときにも、それと同じ感覚が必要なのじゃ。

 

「女だ!」と身構えることなく、何も考えることなく、他愛もない会話をする感覚。

 

それができるようになるのが、女性への苦手意識を克服する第1歩なのじゃ。

 

 

女性はお主の敵ではない。

 

同じヒューマン。人間なのじゃ。

 

まずは少しずつでいい。

相手が女性だからといって、意識することをやめてみようじゃないか。

 

大前提:お主は絶対に気持ち悪くなどない。

 

最初に言っておくが、お主が気持ち悪いわけないだいだろ。

 

女性と話すのが苦手な男は、

 

「自分が気持ち悪いと思われていないか不安...」

 

という者がよーくおる。

 

気持ち悪いと陰口を言われていた...

自分が気持ち悪いと噂が立っている...

 

女性が苦手な男の中には、こんなことで自信を失ったという者がよくおる。

 

しかし、少し関わっただけで人のことを気持ち悪いと言うやつなどおらん。

 

もし気持ち悪い奴がいるとすれば、人を見た目で判断し蔑む方がよっぽど滑稽で気持ち悪いわい。

 

お主がどれだけ自分の見た目に自信がなかろうが、会話が下手だろうが、小心者だろうが、

絶対に気持ち悪くなどない。

 

 

恋神様
恋神様
「嫌がられているかも...」という心配は99%考え過ぎの思い過ごしじゃ。

明らかに避けられていたり、直接言われてからやっと心配するくらいで良いぞ。

 

「嫌われたくない」と思った瞬間に人間は平常心でコミュニケーションを取れなくなる

 

嫌われたくない。

良い男だと思われたい。

 

じゃあ、何を話せば嫌われないの??

じゃあ、何を話せば良い男だと思って貰えるの?

 

人は嫌われたくないが為に答えの出ないことを永遠に考えてしまう。

 

もしも男が相手だったら、

う○こ!ギャハハハ!!

...と、適当な話題でも楽しく話せるはずじゃ。

 

なにも深く考えずに適当な発言をしても分かり合える。

男同士ならそんな安心感があるのじゃ。

 

しかし、これが女性相手ならばどうなってしまうじゃろう...

 

  • う○こなんて言えねぇ...

  • 嫌われたくない...

  • ちょっとカッコつけたい...

  • モテたい...

  • 何を話せばスマートで自然...?

 

女性を意識し過ぎているとどうしても、

 

「ちょっとカッコつけたい...」

 

という、男との会話では出てこないような不純な欲望につい駆られてしまうのが男という生き物じゃ。

 

「嫌われたくない」と思った瞬間、話すことができる話題の選択肢が極端に少なくなってしまう。

 

男なら何も考えなくても自然に出てくる話題が、女性相手だと全く出てこない。

 

こんな状態ではそもそも女性と会話が上手くいくはずがない。

 

致命的な死活問題じゃ。

 

しかし、実際は女性もそんな繊細な生き物ではない。

 

どちらかというと、

う○こ!ギャハハハ!!

というくらい何も考えていない男の方が、自然体で女性との会話も卒なくこなしてしまうのが現実じゃ。

 

嫌われる...」と恐れれば恐れるほど、人間関係は上手くいかないのじゃ。

 

 

恋神様
恋神様
嫌われない為に話すのではなく、楽しみたいから話す。

そんなふうに考えられると、リラックスして話せるようになるぞ。

 

話しかけたい。仲良くなりたい。
それなら事前にしっかりと準備しよう。

 

  • そもそも話すのが苦手だからどうしたらいいのか分からない...

  • 上手く会話できる自信がない...

 

話すことが苦手な者にとって当然の悩みじゃ。

 

会話が苦手だ...

でも話したい...

仲良くなりたい...

 

それならば、事前にしっかりと準備を整えて、万全の態勢で挑めば問題はない。

 

女性の顔も直視できないほど恥ずかしがり屋なら、事前にイメージトレーニングじゃ。

女性の写真を見て練習したり、頭の中のイメージで練習しても良い。

顔もまともに見れない状態で自然な会話することなどできんぞ。

 

「嫌われるかも...」「気持ち悪いと思われるかも...」という不安を取り除くなら、

男との会話しているときと同じ心理状態を意識する。

頭の中から無駄な意識を追い出す練習を繰り返しやるのじゃ。

恐怖に囚われている状態で自然な会話をすることなどできんぞ。

 

話題が思い浮かばないなら、事前に話したいことを考えておくのじゃ。

苦手な女性を目の前に、即興で話題を考えるのは困難じゃ。

事前に話す話題が決まっていれば、冷静に落ち着いて話ができる。

 

全部苦手、、、だけど、、、、できるようになりたい!

 

お主がこう思っておるなら、準備→練習→準備→練習の繰り返しで確実に上達する。

 

スポーツでも、勉強でも、物事は繰り返しやれば嫌でも慣れる。

 

慣れれば女性との会話など、男と同じように楽しめるようになる。

そうなったらめちゃくちゃ楽しいぞ。

 

 

恋神様
恋神様
無駄な緊張を排除し、自然体を保てるように繰り返し意識しながら練習する。

そうすれば、家族や仲の良い友人と話すように楽しんで会話ができるようになるぞ。

練習すれば必ずできる。

一度身に付ければ一生役に立つぞ。

 

好かれるポイントさえ押さえれば、嫌われる方が難しい。

 

世の中には2種類の人間がおる。

 

  • 人に好かれやすい人。

  • 人に嫌われやすい人。

 

この2つじゃ。

 

好かれやすい人はなかなか人に嫌われない。

嫌われやすい人はみんなが嫌いで人気もない。

 

そしてやはり、この両者を分けている人としての特徴が存在しているのじゃ。

 

  • 好かれる者は、いつも人を良いところを語る。
  • 嫌われ者は、いつも自分の良いとこを語る。

 

嫌われるやつは、自慢が多く、よく人をバカにする。

自分を凄いと思い込み、人の自慢を遮り、自分の自慢ばかりする。

こんなヤツは元気が良く、よく喋るやつでも、だいたい人から嫌われておる。

 

好かれるやつは、自慢がほとんどなく、よく人を褒める。

常に謙虚で謙遜が多く、人の話を自分の話で遮らない。

こんなヤツは大人しく静かな性格でも、人から嫌われることはない。

むしろ好かれやすく、人望も厚い。

 

この世で一番人から好かれやすいのは、人とよく話し、笑顔が絶えず、元気な性格なのに、自分は謙虚で慢心もなく、人をよく観て、よく褒めるやつじゃ。

 

反対に、この世で一番人から嫌われやすい人種は、口数も少なく、笑顔もなく、物静かな性格なのに、たまに口を開けば自分の自慢か、人の否定ばかりするやつじゃ。

 

人からよく好かれる人間になりたければ、当然好かれやすい特徴を追い求め、身につけなければならない。

 

相手を否定すると、相手は苛立ち、嫌われる。

逆に相手を肯定してやれば、相手は認められたと感じ、お主に親近感を抱く。

 

これは、人間関係の絶対法則じゃ。

 

友好な人間関係を築くのに、得意なことや、実績、凄みなどは一切必要ではない。

 

自分には何も得意なことがない。才能もない。と嘆く必要はない。

 

必要なのは、相手を認め、必要とする心だけ。

 

それができれば、人から嫌われることはない。

 

好かれる人間の特徴を身に着けることができれば、人から嫌われることの方が難しいのじゃ。

 

 

恋神様
恋神様
多くの人から好かれ、認められたいならば、まずはお主が人を凄さを認め、恥ずかしがらずに褒め伝えることじゃ。

自分の凄さは自分の口で大っぴらに話すものではない。

黙っていても凄いオーラを放っている人間とは、それができる大人なのじゃ。

 

会話を楽にするチート技。
徹底的に外見を整えると、周りの反応が変わる。
周りの反応が変わると速攻で自信が持てる。

 

人間とは浅はかな生き物じゃ。

 

すぐに見た目だけで人を判断するし、それだけで対応を変えてくる。

 

人間性が良くても見た目が少し悪ければ、ぞんざいな扱いになる。

 

反対に、人間性がカスでも、少し見た目が良ければ、笑顔でニッコリ嬉しそうになる。

 

目に見えるものだけで相手への対応を決めてしまう。

全く人間とは浅はかな生き物じゃ。

 

じゃが、この性質を逆に利用すれば、生きていくのは非常に簡単になる。

 

見た目を変えることができれば、格段に生きることが楽になるのじゃ。

 

お主が今まで見た目に無頓着だったならば、勉強して、美容室に通い、服も新しく揃え、徹底的に見た目を磨いてみるのじゃ。

 

しかし、

でも僕はブサイクだから磨いてもよくならないし、どうしたら良いのか分からないよ…

という考えになり、大半の者は全てを諦めてしまう。

 

 

人は見た目が100%

 

こういう言葉もある。

 

確かにそれは間違いではない。

人の第一印象というのは100%見た目で決まるものじゃ。

 

こう聞くと、生まれ持った顔だけで人生を諦めるのは仕方がないことのようにも思えてしまう。

 

しかし、それは絶対的に明確な間違いである。

 

何故ならば、人間の見た目は生まれ持った顔のパーツと配置だけで100%決まるものではない。

 

  • 髪の形も色も簡単に変えられる。

  • 眉毛の形も簡単に変えられる。

  • 服は形も色も自由自在。

  • 匂いも簡単に変えることができる。

  • ちょっと頑張れば、体型だって自在に変えることができる。

 

これだけの物がカスタマイズ可能なのに、顔だけで全てが決まる訳がない。

 

髪型をボサッとさせてアニメの絵がプリントされた服を着て、身体を大きく太らせれば、いわゆる「冴えないオタク」のような印象にもなれる。

 

髪型をシャキッと整髪料で整えて、シンプルで単調な色の服を着て、眉毛を整えて、身体を細くし、鍛えれば、スマートな印象の大人の男になれる。

 

カラフルな服をチョイスし、ベレー帽を被り、ヒゲを生やせば、芸術家のような雰囲気を醸し出した不思議でミステリアスな印象の男にもなれる。

 

人間は生まれる前より、生まれた後に変えられるものの方が断然多い。

 

これだけの選択肢が溢れている中で、「顔が全てだから...」と諦めてしまうのは、自暴自棄以外の何物でもない。

 

あまりにも勿体なさ過ぎるのじゃ。

 

眉毛の形をカミソリで変えただけで、人の印象は大きく変わる。

 

表情を意識するだけでも、根暗から明るい印象に変えられる。

 

髪型はアフロからスキンヘッドまで自在に変えられる。

 

服装はもはや数えきれないほど、無限の組み合わせと選択肢がある。

 

たくさん、たくさん、あまりにもたくさんの選択肢がある。

 

これはもう、自分の印象を自由自在に変えられると言っても差し支えない。

 

 

自分の印象を変えれば、他人からの扱いも天と地ほど変わる。

 

今の自分がダサくて嫌いなら、まるでレゴブロックのように、自分をカスタマイズすればいい。

 

「自分をカッコよく見せたい」というのは案外簡単にできてしまう。

 

一度やってみれば、お主はきっと拍子抜けするじゃろう。

 

こちらもCHECK

確実にダサイ自分を変える。失敗せず理想まで進化する法則。

  今まで見て見ぬ振りをしてきたけど、やっぱりダサい自分を変えたい!でもオシャレとか良く分からないし、ダサイ人がオシャレになるにはどうしたらいいの?   オシャレになりたいけど、どうすればいいのか分か ...

続きを見る

 

苦手意識は克服できる。
まずは1歩踏み出そう。

 

ここまで学んだことを実践しようとしても、なかなか簡単にはいかないじゃろう。

 

ここまで読んで学んできたお主らは、女性との会話ができるよう確実に成長しておる。

 

しかし、苦手意識とはそんな簡単に無くなってくれるものではない。

 

ここで学んだことを実践しようとしても、まず最初に感じる感情は「怖い」じゃろう。

 

しかし、人間とは本来、誰とでもコミュニケーションがとれる生き物じゃ。

 

大昔に人類が生まれたときから、それは揺るがない。

 

日本人なら日本語さえ分かれば、日本ではほぼ全ての人と精密な意思の疎通ができる。

 

もしお主に苦手意識がなかったら、本来は女性とも難なく会話ができていたはずなのじゃ。

 

苦手意識を克服するには、大事なポイントを繰り返し意識しながら、練習するしかない。

 

人間は苦手なことでも、確実に上達することができる。

 

女性と自然に会話ができる人間に、絶対にお主もなれる。

 

 

恋神様
恋神様
それでは今回の格言をまとめていこうかのう。

 

 

 

 

恋神様
恋神様
いつも読んでくれてありがとう。

ちょっと心が強くなる恋愛話。

いろいろ悩む前に心に入れておくと良いぞ。↓↓↓

 

 

 

 

 

ブログランキングリンク

下のボタンはあまり触らないで下さい。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

-女性慣れ

© 2021 絶対最強恋愛計画